magohacks magohacks

Man in the BLUE | Tricker Loki


  S__36397060 (写真:Kei Izumi)  

BIOGRAPHY

中学生の時に友人の影響でマジックを始め、マジックの書籍などを読み独学で勉強する。

高校時代にバイト先の飲食店で、メニューにオリジナルカクテルを載せ、注文してくれたお客様にマジックを見せるサービスをする。

その後、神戸にある調理の専門学校に通う中、初めてマジックバーに行きプロマジシャンの演技を見る。

専門学校に通いながら神戸、大阪のマジックバーで修行する。

北海道のホテルに調理師として就職の為、一旦マジックをやめる。

マジックが捨てきれず、ホテルを辞め神戸に戻り、夕方は鉄板焼きで調理をし深夜はマジックバーに出演する。

そのマジックバーにゲスト出演していたプロマジシャンが独立しレストラン&マジックバーを出店し、そちらに移転し調理とマジックをする。

その店のマスターが急逝し、大阪にあるマジックバーに移動する。

—————————————————————————————————————————————————————————–

大阪にとても優れたマジシャンがいます。

彼の名前はLoki.

いたずらの神様の名前を持つ彼のマジックは、他のマジシャンと一線を画すクオリティを誇っております。

今回はLokiさんのこだわりのマジックをいくつか紹介します。

「whisky&newspaper 」   ♪The Gospellers / ウイスキーがお好きでしょ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イメージの具現化/曲先行の演技作り

Q : 不朽の名作、「水新聞」。多くのマジシャンが演じていますが、Lokiさんが演じる「水新聞」はとても心地よく感じます。どういう経緯でこのトリックを演じようと思ったのですか?

Loki : このマジックの構成を考えたきっかけは、大好きなアーティストのゴスペラーズが歌う「ウイスキーがお好きでしょ」のCD音源化です。

を聴いた時に、老舗のバーのマスターがウイスキーをグラスに注いでいるイメージでマジックを作ろうと思いました。

Q : 曲からイメージを受け取り、それを具現化した。つまりこのマジックは「曲ありき」ということですね。

Loki : そうですね。僕の中で初めて、「音楽(歌詞)、現象、道具、雰囲気」の全てがマッチして完成した音ネタでした。

このマジックの完成をきっかけにBGMではなく、マジックを構成する大切な要素の一つとして音楽を捉えるようになりました。

 

 

「ジプシースレッド」 ♪石井妥師 / アングラ・ソフィア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パッケージ感/マテリアル先行の演技作り

Q : こちらも色褪せることのない名トリックですね。使っている曲がこのトリックの魅力を引き出しているように思えます。

Loki : 糸を切る・糸くずを纏める・糸が繋がる、この3段階から成るマジックですが、曲が良いタイミングで転調していくのでお客様が一つのマジックを退屈せずに見られる、そして雰囲気もでるので、今考えれば良い選曲だと思っています。この曲選び以降、映画の曲、ドラマの曲、アニメの曲、洋楽、邦楽など、曲選びの範囲が広がりました。

Q : Lokiさんのマジックにとって曲選びはとても重要な要素なのですね。他にこのマジックに関してのこだわりはありますか?

Loki : このマジックは「一つの箱の中に全てが詰まっている」という状態を作ろうと思って構成を考えました。怪しげな洋館の机の引き出しを開けて、そこにある物でマジックをするイメージですね。なので、この箱ありきのマジックとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンティーク調の渋い箱ですね。演技のイメージにぴったりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロウソク、マッチ、糸、使い終わったマッチ入れ。これらが↓のように収納されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「氷花~Hyoka~」 ♪The Gospellers / 氷の花

S__36102151

(写真:Kei Izumi)

不思議以外の感情を引き出す。

Q : このマジックの拘りと経緯を教えてください。

Loki : マジックで不思議以外の感情を抱いてもらう。それが初めて出来た作品です。これを見て、切なさや感動の涙を流してくださるお客様もいます。

曲と現象のマッチングだけでなく、歌詞とのストーリーもリンクさせ、前後のセリフなども考え込んで作り上げました。なので、セリフを変えるだけでお客様は泣かなくなるし、曲と動きが少しずれても泣けなくなる。

起きている現象はシンプルだけど、心に伝わる見えない部分の工夫が多い。そんな作品。

あまり詳しくは言えませんが、この曲の歌詞がHyokaの核となる技法になっています。

僕の中で一番完成度の高い音ネタです。音ネタを作る上でかなり高い壁になっています。

それと同時に、お客様からのリクエストが一番多い作品でもあります。

Lokiさんを知る方は、Lokiさんといえばこのマジック。という程に、彼のシグネチャーエフェクトとなっています。

もっともクオリティの高いフローティングローズの一つといっても過言ではないでしょう。

——————————————————————————————–

 

 

追記:満員御礼!受付を終了いたしました。

 

さて、こんなLokiさんのマジックを見るにはどこに行けばいいのでしょうか?

とっておきのライブがあります。

Loki LiveHeart Project 2015ONE

Lokiが贈る初めてのソロライブONE

マジックが持つ不思議さをそのままに、心がときめくようなマジックを数多くお贈りします。

今回のライブの為に作った作品やLokiを代表する音ネタなど、普段観られるマジックからこのライブでしか観られないマジックまで目白押しとなっております。

各回20名限定となっており、贅沢なライブをお楽しみ下さい。

Date : 2015年2月1日(日) Place :大阪、南森町駅から徒歩5分のレンタルスペース B.B.B http://bbb-rental.com/ Time : ①15:00〜、②17:00〜、③19:00〜 3回公演。各回20名限定。 Price: ¥3500 予約はメール受付となります。 ・お名前 ・ご連絡先 ・何時の回か ・チケットの予約数 以上をご明記の上、ライブ受付専用メールアドレス lokiliveheart@gmail.com までお送り下さい。 席がご用意出来ましたらメールの返信をし、その時点で予約確定となります。

チケット代は当日、受付でお支払い下さい。 ちなみに、15:00〜の回と19:00〜の回は、残り席が僅かのようなのでお早めのご予約をお勧めいたします。

 

マジック界の前線で活躍するプロマジシャンのライブ、見逃す手はないでしょう。ご予約はお早めに!


hogehoge